各種言語のフォントの
ダウンロード情報


EXCHANGE BANNER
co3.jp
はじめに:


 このページはOSにWindows 95/98/MEをご利用になっている皆様を対象として記述しております。また、ブラウザはInternet Explorer Ver.4以降をご利用になることを前提としております。IEがWindowsとセット販売されたことも一因でしょうが、IEは多数の言語に対応しており、こと多言語サポートという点では、IEはNetscapeに対して勝っています。特にNetscape 4.7以前のバージョンでは、せっかくフォントをダウンロードしてもブラウザが対応できない場合もありました。Netscape 6.0ではかなり改善されていますが、完全ではないようです。



 Internet Explorer 5.0/5.5では、デフォルトで下記の言語がサポートされています。下記の言語のホームページを閲覧する場合には、フォントのダウンロードを行なう必要はありません。

日本語(JIS、EUC、シフトJIS)、デンマーク語(Danish)、オランダ語(Dutch)、英語(English)、フィンランド語(Finnish)、フランス語(French)、ドイツ語(German)、イタリア語(Italian)、ノルウェー語(Norwegian)、ポルトガル語(Portuguese)、スペイン語(Spanish)、スウェーデン語(Swedish)




 上記以外の各言語による新聞のサイトをご覧いただくためには、各言語固有のフォントをインストールする必要があります。韓国語、中国語(簡体字、繁体字)、中央ヨーロッパ諸言語、キリル文字、アラビア語、ヘブライ語、ベトナム語、タイ語などが、これらに相当します。
 ブラウザがIEの場合には、これらの言語のページにアクセスすると、自動的にコンポーネントをダウンロードするかどうか尋ねてきます。ただ、言語によってはファイルサイズが大きいためにダウンロードにかなり時間がかかるので、あらかじめ時間の余裕がある時にインストールしておくことをお勧めします。

 また、インドの諸言語などでは、Active Xを用いて文字表示を行なう方式が採用されています。この場合には
「ツールインターネットオプションセキュリティレベルのカスタマイズ」と指定して行き、
・Active Xコントロールとプラグインの実行
・スクリプトを実行しても安全だとマークされているActive Xコントロールのスクリプトの実行
・署名済みActive Xコントロールのダウンロード
の3項目を「有効にする」に設定し、
・未署名のActive Xコントロールのダウンロード
を「ダイアログを表示する」に設定する必要が有ります。

この他、アムハラ語のように手作業でフォントのダウンロードとインストールを行なう必要が有る言語も存在しています。




マイクロソフト社のサイト

Windowsアップデート
下記の各言語のサポートソフトのダウンロードが行なえます。

簡体字中国語サポート
中国、シンガポール等で使用されている簡体字の表示用です。GBが一般的に使用されています。

繁体字中国語サポート
台湾、香港等で使用されている繁体字の表示用です。広東語特有の文字などもサポートされています。Big 5と呼ばれる文字セットです。

韓国語サポート
ハングルを表示します。標準化が進んでおり問題無く表示します。

ヨーロッパ各国語サポート(Pan Euro)
中央ヨーロッパ言語、キリル言語、ギリシア語、トルコ語、バルト言語を統合してサポートするもので、それぞれがサポートしている言語は以下のとおりです。
・中央ヨーロッパ言語(Windows-1250)
アルバニア語(Albanian)、白ロシア語(Belarussian)、クロアチア語(Croatian)、チェコ語(Czech)、
ハンガリー語(Hungarian)、ポーランド語(Polish)、ルーマニア語(Rumanian)、スロバキア語(Slovak)、
スロベニア語(Slovene)
・中央ヨーロッパ言語(ISO8859-2)
・ISO8859-2は、中央ヨーロッパ言語のnon-Windows文字セットのことです。
・キリル文字(Windows-1251)
ブルガリア語(Bulgarian)、ロシア語(Russian)、セルビア語(Serbian)、ウクライナ語(Ukrainian)
・キリル語 (KOI8-R)
KOI8-Rは、キリル文字のnon-Windows文字セットのことです。
・ギリシア語(Windows-1253)
ギリシア語
・トルコ語(Windows-1254)
トルコ語
・バルト語(Windows-1257)
エストニア語(Estonian)、ラトビア語(Latvian)、リトアニア語(Lithuanian)

ヘブライ語サポート
標準化が進んでおり問題無く表示します。
ベトナム語サポート
Windows版がサポートされているのですが、ベトナム労働党機関紙ニャンザンは正しく表示できないので別途ダウンロードが必要です。(後述)
タイ語サポート
標準化が進んでおり問題無く表示します。
アラビア語サポート
標準化が進んでおり問題なく表示されるようですが、各種のフォントがありますので、例外はあると思います。

Microsoft Global IME 5.02
http://www.microsoft.com/msdownload/iebuild/ime5_win32/ja/ime5_win32.htm
韓国語(ハングル)、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)用のIMEです。使用方法は各言語によって独特ですので、各言語の基本的な知識を有していることが前提となります。



その他のフォント

以下の言語はIEの多国語サポートには含まれていないため、フォントをダウンロードしたりActive Xを使用します。フォントをダウンロードした場合には、「表示→エンコード→ユーザー定義」を選択しますが、多数のフォントをダウンロードした場合には、ユーザー定義の対象となるフォントも複数存在するため、「ツール→インターネットオプション→全般」の中でフォントのボタンをクリックしユーザー定義のフォントを切り替える必要があります。なお、ここでフォントのボタンをクリックするとさまざまな言語名が表示されるのですが、たとえばアルメニア語を選んでも、そこでArial Armenianを選択することはできません。これができれば非常に便利なマルチリンガルなブラウザとなるのですが、大変中途半端な機能になってしまっていて残念です。
ペルシャ語(Farsi)
AIAP--Iranian Fontsで2種類のフォントがダウンロードできHam Shahriのページはこれで閲覧できました。ペルシャ語のフォントは標準化が進んでいないらしく、サイトによってはPDFを使用していたり、画像ファイルにしている所が散見されます。
アムハラ語(Amharic)
Ethiopian News Headlinesのサイトから"GF ZEMEN"を選択してアーカイバをダウンロードします。Ethiopian News Headlineは各種のアムハラ語のフォントに対応しています。GF ZEMEN UNICODEをダウンロードしUTF8で見るのが確実です。
ティグリニャ語(Tigrinya) 
Eritrean News Agencyのサイトから"Geeztypenet Font"がダウンロードできます。文字自体はアムハラ語とほとんど差はありません。
アルメニア語(Armenian)
ARMENIAN FONTでArial Armenianをダウンロードします。アルメニア語のフォントにもAnguin、Araratなどさまざまなフォントがありますが、Arial Armenianが最も役立つようです。
グルジャ語(Georgian)
Opentext.orgというサイトでフォントがダウンロードできます。
アゼルバイジャン語(Azerbaijani)
Azerbaijan News ServiceのサイトからAzWebFAというフォントがダウンロードできます。Azerbaijan News ServiceはIEで表示するとキリル文字が表示されるのですが、AzWebFAをダウンロードしますとアゼルバイジャン語のフォントに置き換わります。実際にはトルコ語のフォントと同一のようですが、IEのトルコ語表示を選んでも正しく表示できません。
マケドニア語(Macedonian)
Nova Makedonijaのサイトからfont.exeをダウンロードしてから実行するとインストールできます。
マルタ語(Maltese)
IN-NAJJIONのサイトよりmfontというアーカイバがFTPでダウンロードが可能です。
クメール語(Khmer/Cambodian)
Cambodian Information Center - Fontsでダウンロードできます。
ミャンマー語(Myanmar/Burmese)
New Light of Myanmarでフォントのダウンロードができます。
インド諸言語(Tamil、Marathi、Telugu、Kannada)
Active Xを使用したアクティブスクリプトで、掲載されている該当の言語のサイトは表示されますので、Active Xのパーミッションを設定する必要があります。また、この場合、表示のエンコードを「ユーザー定義」に設定する必要があります。
ベンガル語(Bangla)
Mukthakantaのサイトからダウンロードできます。font.zipという圧縮ファイルを展開しますとSulekha NFBというフォントセットになります。
ヒンディー語(Hindi)
Bhashkarのサイトからzip形式で圧縮されたフォントがダウンロードできますが、フォント名はBhaskarとなっているところからみて汎用のフォントではないように思います。勿論このサイトを見る限りでは問題ありませんが、他のヒンディー語サイトに通用するかどうかは疑問です。
グジャラティ語(Gujarati)
Gujarat Samacharのサイトからダウンロードできます。Click Here to read Gujarat Samachar Without Downloading Gujarati Fontの部分をクリックして中に入り、表題の右下の"Gujarati Fonts"と書かれた部分をクリックしますと、ユーザー登録フォームが表示されます。登録が終わるとGopikaというフォントがダウンロードできます。
マラヤラム語(Malayalam)
Deshabhimaniのサイトからダウンロードできます。Tulasiと表記されています。
パンジャブ語(Punjabi)
Sanjh Saveraのサイトから"Amrit-Lipi Light"というフォントがダウンロードできます。
シンハラ語(Sinhala/Sinhalese)
Sinahala Word Down LoadsでDivayina用のフォントを選んでダウンロードします。Aratuwa、Virakesariなどの他のサイトの場合には、それぞれ専用のフォントをダウンロードします。
ウルドゥ語(Urdu)
Jasaratのサイトに、Jasaratを見るためのフォントが用意されているので、それを使用します。Fax-away Urdu websiteでもウルドゥ語のフォントがダウンロードできますが、これではJasaratは読めませんでした。
ネパリ語(Nepali)
Nepal NewsのサイトでKantipurというフォントがダウンロードできますが、このサイト専用のフォントと思われます。
ベトナム語(Vietnamese)
VNI FTP Siteから実行形式のファイルがダウンロードできます。Windows版のベトナム語フォントでは正しく表示できないニャンザンのサイトも正しく表示できるようになりますが、フォントは「ユーザー定義」を選択する必要があります。

イヌート語(Inuktitut) New!
Nusatsiaqのサイトから標準的なフォントがダウンロードできます。
TOPページへ戻る